収入証明書なしキャッシング

収入証明書なしキャッシングで借りる!

収入証明書なしでキャッシングするには、銀行カードローンに申込みすることが最も良い選択肢と言えます。

 

貸金業法改正によって、年収3分の1規制ができたことによって、収入証明書の提示が一定条件で義務付けられていますが、銀行カードローンは貸金業者ではないので、収入証明書は100万円以下であれば基本的にどこでも必要はないのです。

 

だからと言って、銀行カードローンが誰にでも借りれると言うわけでは無く、審査の面では消費者金融よりも厳しくなっています。その理由は銀行カードローンには保証会社が付いており、その審査を通らなければ銀行カードローンの審査にたどり着けないからです。

銀行カードローンに保証会社が付いている理由

過去、カードローンというと消費者金融の独擅場の商品でしたが、近年では都市銀行やネット専業銀行など、銀行においてもカードローンを扱うところが増えています。

 

そして、銀行カードローンのホームページによく出てくる言葉に「保証会社」があります。

 

「ご利用には保証会社の保証を受けることが必要です」、「お申し込みに際しては保証会社の所定の審査があります」、「保証会社が保証するので、担保・保証人は不要です」といったような文章が記載されています。

 

一般的に保証会社には銀行系列の消費者金融や信販会社などの貸金業者がなっています。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行の保証会社はアコムであり、三井住友銀行ではSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)、みずほ銀行ではオリエントコーポレーション、オリックス銀行ではオリック・クレジット(株)が保証会社になっています。

 

保証会社が銀行から委託されて行う主な業務はカードローンにおける債権の保全業務と審査業務です。

 

保全業務では仮に、カードローンの利用者が返済を3カ月以上延滞したり、返済不能に陥ったりした場合に、保証会社が利用者に代わって借入金を全額、銀行に返済します。

 

これを「代位弁済」と言います。ただし、代位弁済があったからといって利用者の返済義務が無くなったわけではなく、借入金に対する債権が銀行から保証会社に移行したに過ぎません。

 

つまり、保証会社が債権を銀行から買い取っただけのことであり、今後は保証会社に返済を継続することになります。

カードローンの申込画像

近年のカードローンはインターネットから簡単に申し込めるようになったことで、気軽に申し込む人もいますが、カードローンの審査通過率というのはどの業者でも50%未満です。カードローンに申し込む時には安易な気持ちは厳禁です。

カードローンの基本は信頼関係

カードローンに申し込む時には申込書に個人情報や勤務先情報、年収、他社からの借入状況など、重要な情報を記入します。それは、利用者に借入金を返済するだけの能力があるのかどうかを判断するために、業者にとっては必要不可欠な要素だからです。

 

そして、カードローンの取引で一番重要になるのが信頼関係です。例えば、住宅ローンであれば住宅に抵当権が設定され、マイカーローンでは自動車が担保にされます。

 

つまり、利用者が借入金を返済できなくなれば、業者は担保を回収することで貸付金の返済に充当することができます。

 

ところが、カードローンには担保も保証人もありません。利用者が返済不能に陥れば、業者は泣き寝入りするしかありません。

 

そんな状態の中で、業者が貸出の根拠としているのは利用者の「信用」です。逆に、利用者は信用を担保にお金を借りていることになります。

 

個人間においてもお金の貸し借りはよくありますが、誰しも借金を頼まれた時に、相手がいつも嘘をついているような人だったり、過去に借金を平気で踏み倒したりした人だと1円のお金も貸さないはずです。

 

これは何も個人同士だけのことではなく、商売でのお金の貸し借りでも同じです。実績という信用が積み重なれば高額な借入も可能になり、信用が無ければ借入を拒否されたり、利用限度額を少額に抑えられたりします。

 

申込書には嘘は書かない

カードローンに初めて申し込む時というのはどうしても自分を「良く見せたい」という意識が強くなり、自分のことを粉飾しがちです。業者は利用者のことをいちいち探偵を使って調査するわけではないので、申込書に記載されている内容だけが利用者の信用を判断する材料になります。

 

そのため、申込書に虚偽があればそれだけで信用を失い、審査からオミットされます。

 

特に、年収や現在の借入状況というのは返済能力を判断する上で最も重要な要素です。また、勤務先は返済のための資金の収入源でもあり、勤務先を誤魔化したことで在籍確認が取れなければお金を貸し出すわけがありません。

 

お金に関わることで虚偽があれば即アウトです。また、誤記入や記入漏れが多いと審査が手間取るだけではなく、「注意力散漫=返済意識の欠如」ととられかねません。

 

今は総量規制が敷かれていることから、年収を実際よりも多く申告している人がちらほら見えます。特におまとめローンや借り換えローンなどの金利が低くなる可能性がある場合に、そのような虚偽申告が出るみたいですが、絶対に嘘を付くのはやめた方が賢明です。

 

カードローン会社は過去のデーターから、勤続年数、会社規模、役職等である程度の年収は把握できるようになってるので、すぐにバレてしまい、審査に落ちることになります。(参考記事:借り換えローンとおまとめローンの違いより。)

利用者の信用情報の共有

現在ではすべての貸金業者が信用情報機関に加盟し、すべての利用者の個人情報や信用情報を登録しているため、利用者は契約している業者だけではなく、すべての業者に情報を共有されています。

 

従って、新規の業者だからといって申込書に嘘を書いてもすぐに判明します。また、返済の滞納が続いていれば、どこの業者も貸してくれることはありません。

続きを読む≫ 2016/08/16 15:45:16

収入証明書が無い人は、収入証明書不要のカードローン・キャッシングへ申込みした方が審査の手間も無くいいのですが、どこが1番おすすめなのか?これについて書いていきます。

 

まず、収入証明書を持ってない人は消費者金融への申込みはやめておくべきでしょう。なぜなら、消費者金融では50万円を超える場合は必ず収入証明書の提出が必要となるからです。

 

借入希望額に仮に60万円と書いたならば、審査の時点でまず、収入証明書が出せるか聞かれるはずです。その時点で、借入希望額を50万円以下に訂正すれば、提出は不要となるのですが、もし、どうしても50万円超(限度額60万円以上)が必要ならば、申込みするのは銀行カードローンとなります。

銀行カードローンなら収入証明書は不要なのか?

銀行カードローンの場合、50万円を超えても収入証明書は基本的に不要なところが多いです。一番のおすすめはオリックス銀行カードローンとなり、300万円以下は収入証明書は原則必要ありません。

 

その他の銀行カードローンでも、みずほ銀行は200万円以下、イオン銀行・楽天銀行は300万円以下、三菱東京UFJ銀行、新生銀行カードローン レイクは100万円以下が不要となっていますので、自分の借入限度額に合わせて申込みすればOKなのです。

 

但し、新規申込み(初めての申込み)でいきなり借入希望額300万円としても、審査に通るのはごく少数の人しかいません。

 

大きな限度額を借りる場合は、最初は50万円〜100万円の限度額で利用して、返済実績を作った上で、さらに高い限度額へ増額申込みするのが一般的となっています。

収入証明書不要の金額が高いところはおまとめもOK?

300万円以下は収入証明書不要となっている、オリックス銀行、三井住友銀行、イオン銀行、楽天銀行ではおまとめローンも可能となっています。その為、大きな金額のおまとめであっても、その銀行カードローンであれば収入証明書不要で借りられるのです。

 

消費者金融では必ずと言って良いほど、おまとめローンでは収入証明書が必要となり、尚且つ審査時間も長く、金利もそこまで低くはありません。

 

このことから、フリーローン以外でもおまとめローンや借り換えローンだったとしても、消費者金融よりも銀行カードローンに申込みした方がベストと言えるのです。

 

結論を言えば、収入証明書不要でおすすめなのは、オリックス銀行、三井住友銀行、新生銀行カードローンレイク、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックあたりでしょうか。

 

どれも、多くのメリットがある銀行カードローンとなっており、きっと貴方の希望に叶える審査結果が待っているかもしれません。

続きを読む≫ 2015/09/11 00:45:11

カードローンでは毎月決まった返済期日に毎月決まった返済額を返済します。

 

各社によって異なりますが、返済方法はオンラインバンキングを利用したインターネット、全国の金融機関やコンビニにある提携ATM、口座からの自動引き落としなど様々です。

 

インターネットでは出かける事無く返済ができる、提携ATMではお出かけ先からでも返済ができる、口座からの自動引き落としはインターネットで手続きすることも提携ATMまで出かけることも無く返済作業が自動で完了するのがメリットです。

 

カードローンでは残高スライドリボルビング返済方式にて借入残高に応じて毎月の返済額が変わる返済方式になっていることが多いです。

 

追加借入して借入残高が増えると毎月の返済額が増え、返済していき借入残高が減ると毎月の返済額が減るのが特徴です。

 

住宅ローンでは元金均等返済と元利均等返済という返済方式が採用されていることが多いです。

 

元金均等返済では元金部分が一定額で元金+利息が返済が進むにつれて少なくなっていきます。

おすすめの返済方法は元利均等返済

借金を早く無くそうと思った場合、返済方式は元利均等返済が一番おすすめです。

 

残高スライドリボルビング方式は返済額が少なく済むメリットがありますが、それだけ元金の減りが少なく、契約期限も自動更新となることから長期間返済をするパターンになりがちです。

 

その点、元利均等返済は毎月の返済額が多いですが、返済金額はずっと一定で変わりません。元金が少なくなればその分利息も少なくなりますので、途中から元金充当額の方が増えていきます。

 

そのかわり、返済専用になっているのが多く、限度額内での追加借入はできないのがデメリットです。

 

銀行カードローンでも、残高スライドリボルビング方式のところと、元利均等返済のとろこに分かれますが、多くは残高スライドリボルビング方式となっています。

続きを読む≫ 2014/10/22 17:54:22

銀行カードローンの申込条件に保証会社の保証が入っているのは、例え返済が滞っても保証会社から確実に貸出金を回収することで、貸し倒れのリスクを回避しようという銀行の思惑があるからです。

 

要するに、銀行はカードローンの窓口としての貸出は行いますが、滞納者からの回収業務には直接タッチしていないのが実態です。

 

2番目の審査業務では銀行の機能不足を補完する役割を担っています。

 

銀行は企業への融資が本業であるために個人向けカードローンにおける経験が浅く、審査におけるノウハウが構築できていません。

 

その点、保証会社である貸金業者は長年の実績から培った審査システムが備わっており、信用情報機関に登録されている個人の信用情報も利用することができます。

 

そこで、保証会社が審査を担うことで、銀行は新たな人員の配置や社員教育の手間が省けるというメリットを得られます。

 

実は、銀行カードローンの貸出金利が低いのは、債権の保全業務や審査業務を保証会社が行っているため、経費を掛けずに済んでいる分を金利に還元できることが大きく影響しています。

 

収入証明書不要で借りる場合、銀行カードローン中心となりますが、あくまで審査は保証会社の貸金業者次第とも言えるのです。

 

保証会社の審査が通らなければ、銀行から借入することはできませんし、逆に保証会社の審査が通ったのならば、銀行カードローンから借りれる可能性は極めて大きいと言えるのです。

続きを読む≫ 2014/08/25 14:01:25