地方銀行のカードローン荘内銀行の商品スペック

荘内銀行

地方銀行の中には大手銀行に対抗できるように、他行との経営統合によって規模の拡大を図ることがあります。

 

山形県の荘内銀行と秋田県の北都銀行による「フィデアホールディングス」もその一つです。両行共、全地方銀行の中では下位クラスに位置しており、それぞれが県内の地方銀行としても2番手に甘んじています。

 

なお、荘内銀行には「ドリームコンシェル」と「ドリームコンシェル・リトライ」という2つのカードローンがあります。

ドリームコンシェル

ドリームコンシェルのホームページには、借入金を事業資金だけではなく、他ローンの返済や投資資金にも利用できないとの記載があります。

 

利用限度額は10万円から500万円までの間に8つのコースが設けられています。パート・アルバイト、専業主婦でも利用できますが、パート・アルバイトは30万円、専業主婦は10万円までしか利用できません。

 

金利は4.5〜14.6%で、都市銀行とほとんど変わりませんが、金利の詳細は表示されていないので、いくらになるかは審査の結果を待たないと分かりません。

 

申込はホームページ、電話、FAX、店頭窓口で行えます。ホームページから申込む場合は申込用フォームに本人情報や勤務先情報、他社借入情報などの項目をすべて入力して送信します。

 

申込後仮審査の連絡があるので、仮審査に通った場合は店頭窓口で正式な申込をします。

 

なお、正式申込には本人確認書類と収入証明書(専業主婦は不要)、預金通帳が必要になるため、荘内銀行に口座の無い場合はこの時点で口座を開設しなければなりません。

 

借入はATMから行いますが、荘内銀行の他、統合先の北都銀行、ゆうちょ銀行やイオン銀行などの提携金融機関、コンビニのセブンイレブン、ローソンのATMが利用できます。

 

返済は毎月5日の荘内銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が30万円以下で5千円、30万円超50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超200万円以下で3万円などとなっています。なお、任意返済としてATMからの入金もできます。

ドリームコンシェル・リトライ

カードローンの条件や内容はドリームコンシェルと全く同じです。違うのは金利が10.0〜14.6%と高くなることだけです。この違いは保証会社の違いにあり、ドリームコンシェルの保証会社はフィデアカードですが、ドリームコンシェル・リトライはオリエントコーポレーションが保証会社になっています。

 

そして、ドリームコンシェルの仮審査に通らなかった場合は自動的にドリームコンシェル・リトライの仮審査を受けることになります。

 

重要情報の漏洩に注意していますか?

最近はローンカードを使ってコンビニATMから現金を借り入れたり、インターネットから借入金を銀行口座に振り込んでもらったりすることが一般化していますが、一般化しているからこそ詐欺の危険にさらされています。

 

それが、時々テレビなどで取り上げられている「スキミング」や「フィッシング詐欺」です。安易に考えていると、思わぬ被害を受けることになります。

 

スキミングというのは、カードの磁気ストライプに記録されているデータ(会員番号や口座番号など)をスキマーと呼ばれるカード情報を読み取る端末で盗み取り、そのデータで偽造カードを作ることです。そして、偽造カードを利用して勝手にキャッシングをします。

 

カード自体の盗難とは異なり、盗み取られるのが目に見えない情報だけなので、カードの所有者はスキミングの被害にあったことに気が付きません。

 

後日、利用明細書が来た時点で気付くことになりますが、最近のカードローンには利用明細書の郵送が無く、利用者がホームページ上で確認するものがあるため、判明した時には被害額が大きくなっている危険性があります。こまめに取引状況を確認することが必要です。

 

一方、フィッシング詐欺は利用者の会員IDやパスワードを盗み取る犯罪です。例えば、インターネットから振込キャッシングをする際はキャッシング会社のWEBサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインします。

 

しかし、それが偽物のホームページだとしたら、利用者のIDやパスワードは簡単に盗まれることになり、知らない間に借入金が膨らんでいる危険性があります。

 

フィッシング詐欺の手口を簡単に言うと、業者を装ってメールを送り、利用者にそのメールに記載されているURLをクリックさせ、本物に見せかけた偽装サイトにIDやパスワードなどを入力させて情報を盗み取るものです。

 

誰もそんなことで騙されるわけはないと思っていますが、被害者が多数出るほど巧妙になっています。

 

基本的に、業者がIDやパスワードを入力させるメールを送ることは絶対にありません。また、IDやパスワードなどの重要情報を入力するWEBページにはSSL暗号通信技術が施されており、情報の漏洩が起こらないようになっています。

 

しかし、悪徳業者はSSL暗号通信技術を使用できる「SSL証明書」を取得できないため、ページを見れば偽物だとすぐに分かります。

 

簡単な見分け方は2つあり、1つ目はアドレスの始まりが「http」に「s」が付いて、「https」になっています。2つ目はアドレスの隣に「鍵」のマークがあります。個人情報を入力する時は必ず、この2つを確認することが大切です。

 

お金借りるなら金利が安いおすすめはどこ?に書いてあることですが、楽天など大手ネットショップの名前を語って、電化製品などを購入しましたと言ってメールを送ってくる場合もあります。送信先が楽天を装っているので、一瞬本当に自分のクレジットカードで買われたと錯覚しますが、よく見ると、誘導しているURLは楽天のドメインではありません。

 

発信されてるメールが楽天に偽装されていると、ここまで一気に信じてしまう場合もあるのです。これらの事も、もとをたどれば重要情報の漏洩が原因なのかもしれません。