カードローンの返済方法と返済方式とは?

カードローンの返済方法と返済方式

カードローンでは毎月決まった返済期日に毎月決まった返済額を返済します。

 

各社によって異なりますが、返済方法はオンラインバンキングを利用したインターネット、全国の金融機関やコンビニにある提携ATM、口座からの自動引き落としなど様々です。

 

インターネットでは出かける事無く返済ができる、提携ATMではお出かけ先からでも返済ができる、口座からの自動引き落としはインターネットで手続きすることも提携ATMまで出かけることも無く返済作業が自動で完了するのがメリットです。

 

カードローンでは残高スライドリボルビング返済方式にて借入残高に応じて毎月の返済額が変わる返済方式になっていることが多いです。

 

追加借入して借入残高が増えると毎月の返済額が増え、返済していき借入残高が減ると毎月の返済額が減るのが特徴です。

 

住宅ローンでは元金均等返済と元利均等返済という返済方式が採用されていることが多いです。

 

元金均等返済では元金部分が一定額で元金+利息が返済が進むにつれて少なくなっていきます。

おすすめの返済方法は元利均等返済

借金を早く無くそうと思った場合、返済方式は元利均等返済が一番おすすめです。

 

残高スライドリボルビング方式は返済額が少なく済むメリットがありますが、それだけ元金の減りが少なく、契約期限も自動更新となることから長期間返済をするパターンになりがちです。

 

その点、元利均等返済は毎月の返済額が多いですが、返済金額はずっと一定で変わりません。元金が少なくなればその分利息も少なくなりますので、途中から元金充当額の方が増えていきます。

 

そのかわり、返済専用になっているのが多く、限度額内での追加借入はできないのがデメリットです。

 

銀行カードローンでも、残高スライドリボルビング方式のところと、元利均等返済のとろこに分かれますが、多くは残高スライドリボルビング方式となっています。