銀行カードローンが保証会社を入れる理由

銀行カードローンが保証会社を入れる理由

銀行カードローンの申込条件に保証会社の保証が入っているのは、例え返済が滞っても保証会社から確実に貸出金を回収することで、貸し倒れのリスクを回避しようという銀行の思惑があるからです。

 

要するに、銀行はカードローンの窓口としての貸出は行いますが、滞納者からの回収業務には直接タッチしていないのが実態です。

 

2番目の審査業務では銀行の機能不足を補完する役割を担っています。

 

銀行は企業への融資が本業であるために個人向けカードローンにおける経験が浅く、審査におけるノウハウが構築できていません。

 

その点、保証会社である貸金業者は長年の実績から培った審査システムが備わっており、信用情報機関に登録されている個人の信用情報も利用することができます。

 

そこで、保証会社が審査を担うことで、銀行は新たな人員の配置や社員教育の手間が省けるというメリットを得られます。

 

実は、銀行カードローンの貸出金利が低いのは、債権の保全業務や審査業務を保証会社が行っているため、経費を掛けずに済んでいる分を金利に還元できることが大きく影響しています。

 

収入証明書不要で借りる場合、銀行カードローン中心となりますが、あくまで審査は保証会社の貸金業者次第とも言えるのです。

 

保証会社の審査が通らなければ、銀行から借入することはできませんし、逆に保証会社の審査が通ったのならば、銀行カードローンから借りれる可能性は極めて大きいと言えるのです。